東京都ターゲット・バードゴルフ協会
               

会長挨拶


東京都ターゲット・バードゴルフ協会 
                  会長
黒目篤男

  私はこの度、伊藤会長のあとを受けて会長の大役をうけることになりました。東京都ターゲット・バードゴルフ協会は創立期から発展期を経て、30年余りが過ぎました。歴史の重さを感じるとともに、その責任の重大さに身が引き締まる思いです。
  ターゲット・バードゴルフは生涯スポーツとして、長い時間をかけて今日まで発展してまいりました。関係する皆様、これまで支えてきた諸先輩、会員の皆様に感謝いたします。
  都協会で実施されている最近の年間活動は、オープン大会:4回、交流大会:2回、公認指導者競技大会:7回、さらに、都民スポレクふれあい大会、都女子オープン大会、およびスポーツ塾など種々あります。これらの活動をさらに見直し、改善していきたいと思います。
  都協会では、長年にわたり委員会活動を継続しています。競技委員会、普及委員会、広報委員会、企画委員会などです。各委員会活動を活性化し、連携して協会の活動を充実させたいと思います。
  令和2年には新型コロナウイルスによる感染症の拡大により、日本協会、都協会などの多くの大会を中止または延期せざるを得ませんでした。会員の生命・健康を守ることを第一に考え、感染拡大の防止に努めた結果です。令和3年度においては、引き続き感染拡大の防止に努めつつ、ターゲット・バードゴルフの活動を両立させることに全力で取り組んでまいります。
  安全に、各種の大会・行事を開催したいと考えています。会員の皆様のご協力をお願いたします。